So-net無料ブログ作成
検索選択

緊急事態宣言のエボラ出血熱 アジアでも警戒強まる 日本でも疑いがある場合は搬送対応 [ニュース]

アジアでもエボラ出血熱への警戒が強まり始めた。

世界保健機関(WHO)は8日、「国際的な公衆衛生上の緊急事態」だと宣言。

これまでのところ、アジアでエボラウイルスは確認されていないが、日本は菅義偉官房長官、疑いがある患者は特定医療機関に搬送すると表明。

症状は発熱などのほか、全身から出血するなどして、致死率50-90%。

有効な治療法は確立しておらず、感染地域拡大の封じ込めに全力。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。